乳酸菌と酵素のダイエットとデトックスに関する違い

乳酸菌と酵素のダイエットとデトックスに関する違い

最近薬店にて、酵素に関連する商品をよく見かけるようになっています。健康食品に関わるコーナーに陳列されている事が多々あるので、1度や2度はそれを目撃した方もいらっしゃるでしょう。また薬店では、たまに乳酸菌の商品が陳列されている事もあるのですね。
ところで酵素と乳酸菌には、どのような違いがあるかよく分からない方もいらっしゃるでしょう。どちらも体に対しては良い物なのですが、色々と違いがある事だけは明白です。結論から申し上げれば、その2つにはダイエットとお通じに関する違いがあります。

 

酵素と乳酸菌のダイエットに関わる違い

 

まず酵素の場合は、いわゆるダイエットに対して大きな効果が見込めるのです。最近インターネットで、酵素ダイエットという表現をよく見かけるようになりました。つまりドラッグストアで販売されているあの酵素関連の商品を摂取すると、減量できる可能性がある訳ですね。
ところで乳酸菌も、そのような力はあります。ただ酵素に比べると、その力はちょっと弱いようですね。酵素の場合はダイエットに向いているのですが、乳酸菌の場合は必ずしもダイエットに直結しない傾向があります。もっと別の効能が期待できるのが、乳酸菌だからです。

 

ダイエットというよりデトックスに強みがある乳酸菌

 

乳酸菌の場合は、どちらかというとお通じに強みがあります。乳酸菌のサプリに関する口コミお見てみると、いわゆる便秘が解消されている事例がとても多いことが分かるでしょう。長い間にわたって便秘で悩んでいたものの、そのタイプのサプリを服用した結果、だいぶそれが改善されたという事例も多々見られます。
実は酵素も、そのような効果はあるのですね。乳酸菌とはまた別の働きにより、体内デトックスは促進されやすくなると言われています。

 

しかしその力は、乳酸菌よりは弱いようです。前述のように痩身効果が見込めるのが酵素なのですが、それに比べると体内デトックスの力は弱めになる訳です。
それに対して乳酸菌の場合は、むしろデトックスに大きな強みがあります。しかもその菌類の場合は、お腹の中を善玉寄りに傾けてくれるのですね。それでだんだんお腹の中の環境が良くなるので、便秘が解消される事例が非常に多いと言われています。
つまり乳酸菌はデトックス関連の効果が非常に強く、酵素の場合はダイエット関連に強みがある訳ですね。ですのでお通じを改善したいと思っているのであれば、酵素というよりもむしろ乳酸菌関連の商品を薬店で選ぶと良いでしょう。
花粉症 乳酸菌